ホーム >  ニュース
2016年7月22日
義援金2772万円を熊本県へ

義援金2772万円を熊本県へ

熊本地震被災地への支援のため7月20日、全国の済生会役職員から募った義援金2772万3199円を熊本県に贈呈しました。

もっと見る

2016年7月22日
緩和ケアで癒やしの音色、水琴窟

緩和ケアで癒やしの音色、水琴窟

岡山済生会総合病院の緩和ケア病棟に設置されている水琴屈(すいきんくつ)。涼やかな音色が、患者さんやスタッフを癒やしています。

もっと見る

2016年7月 7日
山口刑務所で3期目の介護研修、理事長が受刑者に講義

山口刑務所で3期目の介護研修、理事長が受刑者に講義

 山口市にある山口刑務所で6月30日、同刑務所の職業訓練として開かれている「介護...

もっと見る

2016年7月 6日
熊本地震被災者に自分でリラックスできるDVDを配布

熊本地震被災者に自分でリラックスできるDVDを配布

熊本地震で被災し、避難生活をしている方の精神的なストレスの軽減を目的に、福岡県にある飯塚嘉穂病院の副院長(消化器病センター長・心療内科)土田治医師、野口臨床心理士、金堀看護師、春口勇介事務員、松岡事務員が7月2日、熊本県益城町にある避難所5カ所及び益城町役場を訪問。土田医師が制作した"自律訓練法" DVDを配布し、自律訓練法を紹介しました。

もっと見る

2016年7月 1日
ボリビアの女性歯科医、出産した岡山の病院に母子で〝里帰り〟

ボリビアの女性歯科医、出産した岡山の病院に母子で〝里帰り〟

9年前、岡山済生会総合病院で出産された南米ボリビア人のスレマ・アリアス・マルティスさん(45歳)と、その時の娘さんミカエラ・サユリ・サルセド・アリアスちゃん(9歳)が6月30日、はるばる飛行機で35時間かけ当院に来てくださいました。

もっと見る

2016年6月30日
公募「生活困窮者調査研究」、3件の助成決定

公募「生活困窮者調査研究」、3件の助成決定

済生会が内外から公募をしていた「平成28年度生活困窮者に関する調査研究」が下記の3件に決まりました。6月17日に開かれた済生会生活困窮者問題調査会で審議され、調査会での結果を踏まえて、炭谷茂理事長が調査研究を決定しました。

もっと見る

2016年6月13日
総裁・秋篠宮殿下が被災後の熊本をご訪問

総裁・秋篠宮殿下が被災後の熊本をご訪問

済生会総裁の秋篠宮殿下が6月1日、熊本市南区の済生会熊本病院と済生会熊本福祉センターをご訪問になり、熊本地震による被害状況をご視察になりました。

もっと見る

2016年4月19日
熊本地震で日本初のDCATが出動

熊本地震で日本初のDCATが出動

DCAT(Disaster Care Assistance Team)は、東日本大震災で高齢者を中心に日常的なケアが不足したことを受け、全国で初めて平成24年、済生会の老人福祉施設で介護に当たる専門職員で結成されました。

もっと見る

2016年4月19日
エコノミークラス症候群が続出、「十分な水分と体動かして」

エコノミークラス症候群が続出、「十分な水分と体動かして」

熊本地震による避難が続く熊本県。同県益城町の展示施設「グランメッセ熊本」の駐車場では夜間、およそ2000台の車が集まり、数千人が車内で寝泊まりしていると報道されています。そうした中、「エコノミークラス症候群」の患者が相次いでいます。

もっと見る

2016年4月18日
熊本病院で負傷者449人を受け入れ、済生会病院から医療チームも派遣

熊本病院で負傷者449人を受け入れ、済生会病院から医療チームも派遣

熊本地震の被害を受け、熊本市南区にある済生会熊本病院(病床数400)には負傷者が続々搬送され、17日午後4時42分現在、427人に達しています。治療の優先順位を判断するトリアージの結果、赤54、黄89など重症者が多数に上っており、5人の死亡も確認されました。

もっと見る

▲ページトップへ