ホーム >  お知らせ >  日本財団 > 日本財団の助成による平成26年度検診機器の整備事業が完了
2014年12月26日

日本財団の助成による平成26年度検診機器の整備事業が完了

この度、平成26年度の競艇の交付金による日本財団の助成金を賜り、下記の事業を完了することができました。
これにより、生活習慣病をはじめとする病気の早期発見と早期治療に役立つことが期待されます。
日本財団をはじめとする関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

事業名    平成26年度 検診機器の整備事業

助成金額   3,182万円

事業の内容

和歌山県済生会 和歌山病院  超音波診断装置

・診断の妨げになるノイズ等が効果的に除去でき、さまざまな検査に対応した計測結果がスムーズな操作で確認できるようになった。

愛媛県済生会 今治病院  乳房X線撮影装置

・女性に優しいデザインで最小限の痛みで撮影ができるようになった。

宮崎県済生会 日向病院  X線撮影装置

・低被ばくでありながらも高画質な画像を医師がすぐに確認できるようになった。

完了年月日   平成26年12月16日

和歌山病院
和歌山病院

今治病院
今治病院

日向病院
日向病院


http://www.nippon-foundation.or.jp/

▲ページトップへ