ホーム >  ニュース > 福岡で済生会学会・総会、全国から2600人
2018年2月18日

福岡で済生会学会・総会、全国から2600人

福岡で済生会学会・総会、全国から2600人

 済生会総裁の秋篠宮殿下御臨席の下、第70回済生会学会・平成29年度済生会総会が2月18日、福岡市の福岡国際会議場で開かれ、全国から約2600人が参加しました。
 午後の総会では、炭谷茂済生会理事長の挨拶の後、秋篠宮殿下から「おことば」を賜りました。加藤勝信厚生労働省大臣(代理・八神敦雄同省大臣官房審議官)や小川洋福岡県知事ら来賓の祝辞に続き、功労職員・永年勤続職員の表彰などが行なわれました。

 学会は、済生会の病院や福祉施設で日常的に行なわれている研究の成果を発表し、保健・医療・福祉の向上に資するのが目的で、全国の病院長が交代で学会長を務めます。今回は福岡県筑紫野市にある二日市病院の間野正衛院長が務め、総会に先立ち午前8時半から「地域とともに済生の途(みち)」をメーンテーマに開かれました。

 基調講演では、2016年の熊本地震で熊本病院院長として支援活動に当った熊本県支部の副島秀久支部長が、「歴史に学ぶ済生会の災害対応」を紹介。救護班を編成した1923年の関東大震災、24時間オープンの臨時診療所を開設した1995年の阪神・淡路大震災、現在も医療支援を継続する2011年の東日本大震災など、大災害時に済生会が実施してきた医療・福祉面での支援活動の歴史を顧みながら、災害医療の重要性を訴えました。

 シンポジウムでは、昨年2月に発足した済生会保健・医療・福祉総合研究所がDPC等のデータの活用や刑余者支援など研究テーマに沿って議論を重ねました。医師、看護師、薬剤師、社会福祉士、事務職など各職種が561題に及ぶ成果を発表しました。

 前日には、全国の済生会病院で臨床研修を受けている初期研修医が一堂に会する合同セミナーも開かれました。


二日市病院 経営企画課 済生記者:木山浩平

▲ページトップへ