ホーム >  症状別病気解説 >  扁桃炎

扁桃炎

Tonsillitis

解説:武林 悟 (静岡済生会総合病院 副院長・耳鼻咽喉科部長)

扁桃炎はこんな病気

扁桃は、鼻や口から体内に細菌が侵入することを防ぐ役割を果たすリンパ組織です。口蓋垂<こうがいすい>(いわゆる"のどちんこ")の両脇、左右の舌の付け根あたりにある口蓋扁桃は、6~7歳で大きさが最大になりますが、その後は徐々に小さくなり、大人ではほとんど分からなくなります。扁桃炎とは、ここでウイルスや細菌が原因となって炎症を起こし、様々な症状を引き起こす病気です。

口腔の正面図
口腔の正面図

症状は発熱や全身倦怠感など、風邪の諸症状に伴い、喉の痛み・物を飲み込むときに痛みを感じるようになります。扁桃炎は、両側性のことも片側性のこともあります。原因が溶連菌感染の場合は、急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症を起こしやすいとされているので、注意が必要です。

急性扁桃炎が進行すると、口蓋扁桃の周囲に炎症が及び、扁桃周囲炎を生じることがあります。そこに膿がたまり、膿瘍を形成することで、扁桃周囲膿瘍となります。通常は左右どちらか一方がなり、症状としては食事ができない、あるいは水も飲めないほどの痛みがあり、 高熱などの症状が現れます。さらに、膿瘍が進展すると頚部(首)が腫れてきて、口も開けにくくなります。

このような扁桃炎を何度も繰り返すと、慢性化し習慣性扁桃炎となります。

扁桃炎の治療法

ウイルス性の場合は対症療法、細菌性の場合は主に抗菌薬が用いられます。食事が取れるのであれば、抗菌薬等の内服でも治療可能ですが、食事が取れない場合は、入院の上、抗菌薬の点滴をします。扁桃周囲膿瘍まで進行してしまうと、抗菌薬投与とともに、膿が溜まった口蓋扁桃の周囲を穿刺(せんし)や切開することで、排膿を試みます。扁桃炎の再発頻度が高い(年に3~4回以上)場合は、扁桃摘出術が最適な治療法です。

早期発見のポイント

高熱が出て喉が赤く腫れ、痛くなるという特徴があります。口を開けて口腔内を見ると口蓋扁桃に白い塊(膿)が付着していることがあります。注意すべきことは、高熱だけを見て、ただの風邪と判断してしまわないようにすることです。扁桃炎は、風邪と同様の倦怠感や寒気、関節痛などの症状が現れることがあり、紛らわしいのですが、風邪との決定的な違いは、咽頭痛がひどいという点です。

同様の症状が出る例としては、伝染性単核球症(EBウイルス感染症)があります。EBウイルスは、麻疹などと同様に幼少期に一度感染し、重症化しないまま回復する人が大半です。しかし、大人になってから初めて感染した場合、扁桃炎に似た症状を起こすことがあります。扁桃炎ではよく耳の下の上内深頚リンパ節が腫れますが、伝染性単核球症では後頚部(首の後ろ)の副神経リンパ節が腫れるという違いがあります。これ以外に、同じような症状が現れる病気としてはまれですが、悪性リンパ腫白血病などがあります。

扁桃炎を悪化させると、扁桃周囲膿瘍の発症につながります。急性扁桃炎の疑いがある場合は、早めに医療機関を受診してください。しっかり治療して完治させ、慢性化を防ぐことも重要です。

予防の基礎知識

扁桃炎は、風邪により免疫力が低下することで発症しやすくなります。風邪を引かないようにしっかり予防しましょう。手から口へ入った細菌やウイルスが、喉で炎症を起こす原因になるため、外出から帰ったらうがいや手洗いを行うことが大切です。

また、身体の免疫力が低下することで、細菌やウイルスが増殖しやすくなり、扁桃炎を引き起こす原因となります。普段から規則正しい生活を心がけ、過労や寝不足を避け、バランスのとれた食事で免疫力をしっかりとつけましょう。1日3食、しっかり食事をとり、偏食はしないようにしましょう。

喉を乾燥させることでも、粘膜のバリア機能が弱くなり、細菌やウイルスが増殖しやすくなります。部屋の中の湿度を40~70%に保つように心がけて、喉の乾燥を防ぎましょう。空気が乾燥していると感じるときは、加湿器の使用やマスクの着用がおすすすめです。水分補給もこまめにしましょう。喫煙者の方は、禁煙することで喉への刺激を減少させる効果があります。

武林 悟

解説:武林 悟
静岡済生会総合病院
副院長・耳鼻咽喉科部長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ