ホーム >  症状別病気解説 >  歯髄炎

歯髄炎

Pulpitis

解説:竹縄 隆徳 (山口県済生会下関総合病院 歯科口腔外科医長)

歯髄炎はこんな病気

大きく分類すると、可逆性歯髄炎と不可逆性歯髄炎に分けられます。
可逆性歯髄炎は、歯髄を除去しなくてもまだ回復する余地のある状態のことです。歯髄炎のうち「歯髄充血」という段階で、炎症によって歯髄内の毛細血管が拡張しています。症状としては冷たいものがしみるくらいで、何もしなければ痛みを感じることは少ない初期の状態です。

う蝕(むし歯)を放置すると、原因細菌の作る毒素や、細菌自体が歯の内部にある神経(歯髄)まで到達し、歯髄炎を引き起こします。

歯髄
歯の内部にある神経まで細菌が侵入している状態

可逆性歯髄炎が治らないと、不可逆性歯髄炎に移行します。痛みがはっきりと現れて、何もしていなくても痛みを感じます。歯髄を取り除かないと治らない状態です。
歯髄炎を放置すると、歯髄が死んで(失活して)「歯髄壊死」の状態になります。知覚を司る神経が死んでしまうことで全ての痛みが鎮まり、一見治ったかのように感じる状態です。
一度活性が失われた歯髄は、回復や再生することはないので、痛みなどの症状はありません。しかし、感染した細菌はそのまま歯髄や歯の内部に停滞し、病状はさらに進行します。
歯髄壊死の後は、歯髄が腐敗する「歯髄壊疽(えそ)」の状態になります。う蝕による歯の欠損が大きい場合には、強い腐敗臭や口臭として現れます。また、歯の色が白色から黄色や灰色に変化します。 その後、根尖性歯周炎に移行していきます。

歯髄炎の治療法

一般的には、歯およびその周囲に麻酔を行い、内部の歯の神経(歯髄)を取り除く歯内療法「抜髄」を行います。歯髄が取り除かれた歯の内部の空洞(根管内)には、再び細菌などが侵入しないように、生体に無害なゴム状の物質で根管を隙間なく緊密にふさぐ必要があります(根管充填)。このような治療によって、抜髄した歯は根尖歯周組織の健康が保たれます。しかし、このような治療を行った歯は構造的にも脆くなり、治療の後に歯や歯の根が割れる(破折)こともあります。このため、歯髄炎になる前の早い段階で歯の治療を受ける必要があります。
また乳歯や生えたての永久歯は、抜髄を行うと歯の生え変わりに影響を及ぼすことがあります。この場合、歯髄を部分的に切断する方法が行われることがあります。一部でも歯髄を残して歯の寿命を延ばすことが目的です。しかし成功率があまり高くないため、この治療の適応となる症例は限られます。

早期発見のポイント

歯髄炎は、う蝕の中で最も典型的な、歯の痛みを引き起こす病状と言えるかもしれません。「歯が痛い」と言って歯科を受診する人の多くが、歯髄炎であることが多いようです。主な症状は、基本的には「痛み」ですが、病状の進行具合によって少しずつ異なります。

歯髄炎の主な症状

1 冷たいものがしみたり、痛みがあるが、普段は症状がない
比較的軽度の歯髄炎(歯髄充血)の状態です。冷たい水やアイスクリームで歯がしみたり、痛みを感じます。痛みは数秒から長くても数分以内で消えてしまい、何もしなければ痛みを感じない場合が多い状態です。

2 何もしなくても痛みを感じるが、自然に痛みが消える
歯髄充血の次の段階である急性単純性歯髄炎の状態です。急性単純性歯髄炎の初期(一部性)であれば、普段は痛みを感じません。しかし、後期(全部性)になると何もしていなくても痛みを感じるようになります。 また、冷たいもので感じた痛みがすぐには消えず、数時間持続することがあります。

3 温かいもので痛みを感じたり、ズキズキとした痛みがある
痛みはさらに激しくなり、特に温かいもので痛みを感じるようになります。何もしていなくても、血管の脈拍に合わせるようなズキズキとした痛みを認めるようになります。夜、入浴した後にベッドに入ると体温が上昇するため、痛みが増すことがあります。このような症状の場合、急性化膿性歯髄炎の可能性があります。

4 う蝕(むし歯)の穴に食べ物などが詰まるとズキズキ痛む
食べ物がう蝕で歯の欠けた部分に詰まることによって強く痛みが生じる場合は、急性歯髄炎が慢性化した、慢性潰瘍性歯髄炎の可能性があります。
う蝕の歯に穴があることで、歯の内部(歯髄腔)の内圧は上がらず、普段は症状が出ませんが、食べ物などによって穴が塞がれると内圧が上がり、急性症状により激痛が現れます。

5 う蝕の穴の中から歯茎のようなものが見える
う蝕の穴の中から濃いピンク色や赤色のポリープ状のものが見える場合は、慢性増殖性歯髄炎の可能性があります。慢性増殖性歯髄炎は、歯髄が肉芽組織というピンク色のポリープ状の組織に変化します。痛みはあまり感じません。若い人に多く、子供では乳歯の奥歯(乳臼歯)に見られることがあります。

予防の基礎知識

う蝕が歯髄炎に達するまでの進行状況を確認してみてください。気になるう蝕がある場合には、早めに歯科受診をすることが大切です。
う蝕が全くないという人でも、歯髄炎になることがあります。例えば、スポーツをしている最中に転倒し、物が歯に当たって外傷が起きたり、歯のホワイトニングなどで歯の表面に使用された薬剤で歯髄が間接的に刺激されたりした場合などです。
歯を強く打った場合などでは、歯の破折や脱臼などがなく、見ために影響がない状態でも、歯の内部で歯髄に影響がある場合があります。見ためだけで判断せず、何らかの症状や違和感がある場合には歯科受診をして相談してください。

歯髄炎は、起きてしまうととても痛いものです。また、治療で歯の神経を取り除くことになるため、歯の寿命は確実に短くなります。

竹縄 隆徳

解説:竹縄 隆徳
山口県済生会下関総合病院
歯科口腔外科医長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ