ホーム >  症状別病気解説 >  眼瞼下垂 (がんけんかすい)

眼瞼下垂(がんけんかすい)

Ptosis

解説:長西 裕樹 (横浜市南部病院 形成外科医長)

眼瞼下垂はこんな病気

眼瞼下垂は、瞼(目蓋/まぶた)の機能異常の一種で、発症頻度が高い疾患です。眼を開けようとしても上瞼が十分に上がらず、瞳孔(黒目の中にある黒い穴)の一部が隠れてしまう状態のことです。

自覚症状は、瞼が重くて眼を開けているのが面倒になった、視界の上側が瞼で遮られて見えにくくなった、頭上のものを見過ごして頭をぶつけることが増えた、というものです。それに続いて、(いつも顔を上げてものを見るために)肩こりや頭痛が増えた、(頑張り過ぎて自律神経のバランスが崩れるために)晴れた日の外出中は眩しくてサングラスが必要になった、気分が落ち込みがちになった、などの随伴症状(病気に伴う症状)を引き起こすことが知られています。

発症原因は、患者さんの8割以上は加齢による皮膚や筋肉の変性、慢性刺激による腱(けん)の損傷と考えられます。慢性刺激とは、花粉症などで眼がかゆくなり、瞼を頻繁にこすることと、コンタクトレンズによって瞼が裏側からこすられ続けることです。残りの2割弱は先天的な筋力不足、後天的な神経疾患によるものです。

症状の状態は、問診や視触診、眼瞼動作の計測で大体判定できます。

軽 症:意識して眼を開けたら瞳孔が隠れなくなる
中等症:意識的に眼を開けても瞳孔の上側の縁が一部隠れる
重 症:頑張って眼を開けても瞳孔が半分以上隠れる

他の原因の疾患が疑われる場合は、眼科や神経内科の専門的な診察を必要とする場合もあります。

眼瞼下垂の重症度分類

眼瞼下垂の治療法

治療方法は、神経疾患が原因の場合を除いて、手術が基本です。手術法はおよそ5通りあり、瞼の状態、患者さんの外見的な好みや社会的な都合、医師の慣れ具合によって選択されます。通常は局所麻酔で行われるため、手術法によっては日帰り手術が可能です。ただし、見た目は片側しか下垂が発症していないように見えても、実際は両側下垂が発症している場合が大半です。左右対称に調整するためには両側同時手術が優れており、術後は安全のために1~2泊の入院が無難です。他の持病のために、出血が止まりにくくなる薬を常用している場合なども同様です。

最適な手術法は、外見的な重症度、随伴症状の様子、発症原因、全身状態などを執刀医が総合的に判断して決定します。重症・中等症の患者さんには、特別な事情がない限り手術が推奨されます。軽症の患者さんでも、手術が推奨される傾向にあります。ただし、患者さん自身が手術のメリットとデメリットをよく理解した上で決めることが大切です。

早期発見のポイント

発症初期で、外見的には軽症な人ほど随伴症状で苦労をしている場合が多く、そのような患者さんほど手術の効果を感じやすい傾向があります。先に述べたように加齢とともに発症しますが、悪い条件が重なるとまれに20代から発症し、また40代での発症も珍しくありません。人生の大切な時期を悩みながら暮らすのは大損です。

ただし、眼瞼下垂は治療法が手術に限られるため、早期治療が最良な方針とは言い切れません。手術中には、眼の開き具合、二重の幅などをなるべく左右対称にするよう調整しますが、精度には限界があります。手術後には、傷が落ち着くまでに短くて数週間、長いと数カ月かかります。頭痛や肩こりなどの原因は眼瞼下垂だけではないので、効果の確約はできません。随伴症状の改善を追求し過ぎると、眼が開き過ぎになり、ドライアイ症状で苦労したり、特異な表情のために対人関係で悩まされたりする場合があります。患者も医者も欲張りすぎないことが大切です。

軽症の患者さんが、自分でチェックする方法は、次の通りです。

1 指を眉毛の下あたりに当てて、上瞼の皮膚を上に持ち上げてみましょう。眼の周りが楽に感じたり、随伴症状が和らぐ感じがあれば、手術のメリットは十分あると推測されます。

2 鏡を見ながら、努力して眼を開けてみましょう。黒眼の上側の白眼が1mm以上露出する場合はほぼ正常なので、あまり手術は勧められません。随伴症状を無くすことに固執すると、手術のリスクが高くなります。

余談ですが、何年も眼瞼下垂のままでいると、体も心もその状態に順応するようで、さほど苦にならず生活できるようです。高齢者の約半数は多かれ少なかれ眼瞼下垂の状態にあります。それでも、手術を希望するぐらい困っている人は多くありません。医師としては積極的に手術を勧めたい気持ちもありますが、人生色々ですので、余計なお節介をしないように心がけてもいます。

予防の基礎知識

眼瞼下垂の原因の多くは生活習慣によると考えられますが、自分で注意できることは限られます。まず、コンタクトレンズの使用頻度を減らし、眼鏡と使いわけることです。あとは、花粉症などで眼がかゆくなっても、薬物療法をしっかり行って、瞼をこすって気を紛らわせないよう心がけるぐらいです。

ただし、それがどれぐらい予防効果があるのかは分かりません。手術を受ける患者さんに、何十年も花粉症に悩まされてきた方、コンタクトレンズを使ってきた方が多いのは確かです。しかし、花粉症患者、コンタクトレンズ使用者が、高確率で眼瞼下垂になるとは考えられていません。心配し過ぎないようにしましょう。

長西 裕樹

解説:長西 裕樹
横浜市南部病院
形成外科医長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ