ホーム >  症状別病気解説 >  開張足(かいちょうそく)

開張足(かいちょうそく)

Metatarsus latus

解説:高山 かおる (埼玉県済生会川口総合病院 皮膚科主任部長)

開張足はこんな病気

開張足とは、5本の指のつけ根を横に結ぶアーチの形が崩れて、足の指が横に広がってしまう状態のことです。

自覚症状がないため気づかないことが多いですが、放置すると外反母趾や内反小趾、扁平足などの足病変を引き起こします。ハイヒールやパンプスを履く女性に多く、女性の約9割は開張足の傾向があります。
原因の一つに、靴の問題があげられます。ヒールの高い靴を履いていると、かかとが不安定になり前足部でバランスを取ろうとして、重心が前に移動します。そのため横アーチに無理な負担がかかるのです。その疲労を放置しているとアーチが崩れて開張足になります。

開張足の治療法

治療法は予防方法とほとんど重複していますので、このあとの「早期発見のポイント」にて説明します。

早期発見のポイント

症状の一つとして浮き指があります。浮き指とは、横アーチが崩れて指の付け根の部分が床についてしまうことで、足指が地面にきちんと着かずに、浮き上がった状態のことです。浮き指は自覚しやすいので、開張足を見つける一つの指標になります。

予防の基礎知識

症状が軽いうちならひも靴をきちんと結んで履くだけでもテーピング法と同じような効果が得られます。
テーピング法は、アーチの崩れを防ぐために有効です。まず3cm幅程度のテープを用意し、土踏まずからMP関節(足の指のつけ根)にかけてを起点として巻き始めます。足の親指と小指のつけ根を引き締めるように、そのまま3~4回巻きます。こうすることで、落ちた横アーチを補正する効果があります。

高山 かおる

解説:高山 かおる
埼玉県済生会川口総合病院
皮膚科主任部長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ