ホーム >  症状別病気解説 >  肋間神経痛

肋間神経痛

Intercostal Neuralgia

解説:松田 富雄 (富山県済生会高岡病院 麻酔科)

肋間神経痛はこんな病気

よく脇腹(時には背中から胸の前面まで)の痛みを「肋間神経痛」という人がいます。しかし「肋間神経痛」は疾患名ではありません。肋骨に沿っている神経を肋間神経と呼びますが、この肋間神経が痛む症状を肋間神経痛といいます。

原因によって痛み方は違い、「急に電気が走るような痛み」や「ジクジクとした持続する痛み」などがあり、痛みの起こる場所は背中から脇腹、胸の前面やおへそ辺り、まれには足の付け根まで痛みを感じることがあります。

心臓・太い血管や肺などの内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みとの違いは、痛む場所や範囲がはっきりしており、肋骨に沿って起こる比較的鋭い痛みということです。特徴的なのは、上半身の右側か左側のみに起こり、特殊な場合を除いて左右両側に起こることはありません。

原因は様々で解明されていないものもありますが、明らかに原因がある場合を症候性肋間神経痛、明らかな原因がない場合を特発性肋間神経痛といいます。

症候性肋間神経痛の原因は、変形性脊椎症・胸椎椎間板ヘルニア・脊椎腫瘍など脊椎に原因がある場合、そして肋骨骨折や肋骨の腫瘍が原因となる場合があります。これらが原因の場合は身体を動かした時、特に上半身を前後に曲げたり、左右に曲げたり廻したりすると痛みを強く感じることがあり、時には「息ができないほど痛い」こともあります。

脊椎や肋骨に原因がない場合に起こる症候性肋間神経痛の代表的なものは、帯状疱疹です。帯状疱疹は、帯状疱疹ウイルスが神経の中を通って皮膚に達して皮疹を起こす疾患ですが、胸部に発症すると肋間神経痛を起こします。帯状疱疹による肋間神経痛は、皮疹の有無に関わらず「ヒリヒリ」「ジクジク」とした皮膚表面の持続的な痛みを感じます。

肋間神経痛の治療法

前述のように肋間神経痛は1つの症状ですので、原因によって治療法は異なります。重症の肋骨骨折を除いて、外傷によって肋骨を痛めた時に起こる肋間神経痛は、消炎鎮痛薬の内服で治療できます。脊椎の疾患が原因の場合は、MRI等の画像診断を含めて原因の重症度を診断したうえで、外科的手術が行われることがあります。軽症の場合は、消炎鎮痛薬や神経障害性疼痛※1に有効な専用の内服薬、さらにリハビリテーションやストレッチなどの運動療法が行われることもあります。帯状疱疹の場合は、発症早期の抗ウイルス薬の投与と、肋間神経痛が強い場合は神経障害性疼痛専用内服薬が有効な治療法です。手術適応がなく※2内服薬でも治らない場合、また原因がはっきりしない特発性肋間神経痛の場合は、神経ブロックが適応されます。神経ブロックとは、痛みの原因となっている神経に局所麻酔薬や、消炎作用の強いステロイドを注射して治療する方法で、多くはペインクリニック科で実施しています。

※1 神経障害性疼痛:なんらかの原因で末梢神経が傷つくことによって起こる痛み

※2 手術適応がない:外科的治療の場合、責任病変と症状の関連性が明確な場合に手術が適応となりますが、患者さんの同意がなければ適応されません。また、病変と症状の関連性が低い場合(病変が責任とは完全に否定できない場合など)患者さんの希望を含めた総合的な判断で手術が適応されます。手術は外科医の説明に基づいて患者さんが同意して適応されます。

早期発見のポイント

外傷が原因である場合を除いて、身体を動かした時に今までになかった胸(脇腹)の痛みや、じっとしていても急に脇腹に電気が走るような痛みがあり、そしてその痛みが一時的なものでなく2、3日続く場合は、まず内科や整形外科を受診しましょう。帯状疱疹による肋間神経痛は、多くの場合で皮疹や痛みが起こる数日前から、背中からお腹にかけて皮膚表面にかゆみや軽いヒリヒリ感を自覚することがあります。この時点で医療機関を受診しても診断が確定できないこともありますが、症状が強くなれば皮膚科を受診しましょう。

総じて「胸の痛み」という症状の中には心臓・太い血管や肺など内臓の疾患が原因で起こる胸の痛みもあります。特に狭心症心筋梗塞によって起こる痛みは、胸の前部でみぞおちから上で肩にまで広がることがあり、多くの場合は「胸が締め付けられる」感覚を伴います。また大動脈瘤破裂では「背中がさける」ような痛みを自覚することがあります。このような時は緊急を要しますので、ためらわずに救急車を呼びましょう。

予防の基礎知識

脊椎の疾患に対する確実な予防法はありませんが、定期的な健康診断や日々の規則正しい生活や運動が肝要です。腰痛に対する運動療法と同様に、脊椎を支える筋肉や靭帯の老化を防いだり、強化するための運動(日々のウォーキングだけでも可)を励行しましょう。

帯状疱疹は免疫力が低下した時に起こることが多く、身体的のみならず精神的にもストレスが持続した場合に発症します。また帯状疱疹を診断された後にがんが発見されることもあります。ワクチン接種も予防法の1つですが、成人に対するワクチン接種の保険適応はなく、まだ一般的ではありません。

松田 富雄

解説:松田 富雄
富山県済生会高岡病院
麻酔科・ペインクリニック

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ