ホーム >  症状別病気解説 >  ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ

herpangina

解説:漆原 誠 (境港総合病院 小児科副部長)

ヘルパンギーナはこんな病気

初夏のころから、幼児が突然の発熱とともに口の中を痛がるときはヘルパンギーナが疑われます。上あごの奥に周囲が赤くなった1~数mmの小さな水疱がみられるのが特徴です。発熱したときに、一時的に意識を失ってひきつけを起こす「熱性けいれん」や、一過性に嘔吐や頭痛の症状を合併することもありますが、発熱は2~4日程度で治まります。また、口の中の痛みは2~3日でひいていき、4~5日もすれば自然に治まっていきます。患者数は例年6月から7月にかけてピークとなり、8月になると減少し、9月にはほとんど終息します。患者はほとんどが4歳以下で、1歳代が最も多くなっています。
ヘルパンギーナのほとんどは、エンテロウイルスの中のコクサッキーウイルスA群2~6型、8型、10型の感染によって発症します。感染しても明らかな症状が出ない不顕性(ふけんせい)感染もあります。ウイルスが人から人に感染することによって2~7日間の潜伏期間を経て発症します。感染ルートは2種類です。患者の唾液・鼻水が付着したおもちゃなどを触った手や、便に触れた手を介して、口から病原体ウイルスが侵入する接触感染と、くしゃみなどで飛び散った病原体ウイルスを吸い込む飛沫感染によって伝染します。

ヘルパンギーナの治療法

発熱などの症状を和らげる対症療法が一般的です。脱水にならないように少しずつでよいので水分をこまめに摂って、一日分の水分が足りるようにすることが重要です。口からものを食べられず、ぐったりしてきたら、脱水などの治療が必要な場合があるので、かかりつけの医師に診てもらいましょう。

早期発見のポイント

口の中を痛がって、さらに発熱があるときは子どもの口の中をペンライトで照らしてみてください。上あごの奥の軟口蓋(なんこうがい)に、周囲が赤くなった1~数ミリ程度の小さな水疱や、浅い潰瘍が散在していればヘルパンギーナです。
水疱がつぶれて潰瘍になると痛みが強まり、食べ物を食べられなくなります。そのために脱水症状を起こすこともあるので、注意が必要です。また、口の中が痛むことによって、不機嫌になったりします。
唇の内側や、歯ぐき、舌、口の頬の部分に口内炎などの異状がある場合は、ヘルパンギーナ以外の疾患の可能性があります。

予防の基礎知識

夏はエンテロウイルスが原因の感染症が増えます。コクサッキーウイルスA群にはさまざまな型があり、毎年複数の型が流行するため、注意が必要です。また、患者だけでなく、症状が現れていない不顕性感染の人からも感染します。患者の身体から離れたウイルスはすぐには死滅しないので、手や口で触れたものはきれいにふき取り、くしゃみなどで唾液の飛沫をまき散らさないように注意しましょう。うがいを忘れないことも重要です。
また、回復した患者の便からは2~4週間はウイルスが検出されるので、患者を介護する人は十分な手洗いを心がけることが大切です。タオルの共用も避けましょう。

漆原 誠

解説:漆原 誠
境港総合病院
小児科副部長

関連情報

咽頭結膜熱
症状別病気解説 咽頭結膜熱
流行性角結膜炎
症状別病気解説 流行性角結膜炎
手足口病
症状別病気解説 手足口病

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ