ホーム >  症状別病気解説 >  う蝕(むし歯)

う蝕(むし歯)

Dental Caries

解説:竹縄 隆徳 (山口県済生会下関総合病院 歯科口腔外科医長)

う蝕はこんな病気

う蝕は、私達が食べたり飲んだりした糖分を餌にして、口の中にいる細菌が作り出した酸によって、歯質(エナメル質と象牙質)が溶けた状態のことを言います。う蝕の原因菌はほとんどの人の口の中にいる細菌ですが、口の中で増やさないようにすることや、酸を作りにくい生活習慣にすることで、十分予防することができます。初期には痛みなどの症状はありませんが、進行すると痛みが出るだけでなく、歯の内部の神経(歯髄)にまで進行すると、非常に強い痛みが出るようになり、歯だけではなく全身にう蝕の細菌感染が広がることもあります。

う蝕の分類

C1(う蝕第1度) C2(う蝕第2度) C3(う蝕第3度) C4(う蝕第4度)
  • ・歯の表面が白色や茶褐色に着色
  • ・痛みなし
  • ・象牙質へう蝕が達する
  • ・歯の表面に穴が開く場合もある
  • ・痛みあり
  • ・歯髄まで原因菌が感染
  • ・強い痛みあり
  • ・歯冠部歯質が溶けて歯根だけになった状態
  • ・歯内治療で保存できない場合は抜歯となる

・初期う蝕
エナメル質のみのう蝕であれば、まだ十分に治る余地があります。「初期う蝕」の状態であれば、削る必要さえありません。歯磨きなどのプラークコントロール(歯垢の除去を行うこと)によって、唾液の力で歯が再生されます。

・C1(う蝕第1度)
初期う蝕よりもさらに少しだけ進行した状態を「C1(う蝕第1度)」と呼びます。この場合は、再生を期待した経過観察か、感染した部分だけを削って詰め物をすることもあります。 エナメル質がう蝕になると、歯の表面が白色や茶褐色に着色します。痛みを感じないので、よく観察しないと発見は難しい状態です。この段階で治療などを行わずに放置すると、エナメル質の下の象牙質へ進行していきます。

・C2(う蝕第2度)
この段階になると、う蝕は象牙質に達します。象牙質は痛みを感じるので、う蝕に気付く人も多くなります。歯の表面に穴があく場合もありますが、穴の大きさだけでう蝕の進行度を判断することはできません。小さな穴でも、内部でう蝕が大きく広がっている場合が多くあります。 この状態でさらに放置すると、象牙質の内部の歯髄に進行していきます。

・C3(う蝕第3度)
歯髄にう蝕の原因菌が感染を起こし、歯に強い痛みが出てきます。歯髄は神経ですから、痛み、および細菌感染を起こした歯髄を除去するために、歯髄を取り除く治療(抜髄)が必要になります。 この状態で放置すると、歯髄がはたらかなくなり、あまり痛みを感じなくなります。さらに放置を続けると、C4(う蝕第4度)へ進行して、根尖性歯周炎という病名になります。

・C4(う蝕第4度)
進行したう蝕は自然治癒することはなく、さらに進行します。歯質(エナメル質と象牙質)が溶けて歯根だけになった状態をC4(う蝕第4度)と言い、抜歯を検討することになります。

う蝕の治療法

進行具合によって、治療法は異なります。

1 初期う蝕およびう蝕第1度の治療
初期う蝕は、歯を削らずに治すことが可能です。治療は、歯科受診で再石灰化に有効な薬剤を歯に塗布すると同時に、日常での歯磨きなどメンテナンスが重要となります。治療に長期間を要することもありますが、う蝕の進行を止めるのが最も良い治療法です。

2 う蝕第2度の治療
歯に穴が開いた状態のう蝕は、エナメル質の内部の象牙質にまで細菌が侵入しています。細菌の入っている病巣部を削って除去します。除去された歯質の欠損部分に、金属やコンポジットレジン(歯科用のプラスチック)、セラミックなどの人工材料を詰めたり被せたりして、元の歯に近い形に復元します。

3 う蝕第3度以上の治療
う蝕の原因菌が歯髄に感染している場合(歯髄炎)、一般的には、歯およびその周囲に麻酔を行い、歯の内部の神経(歯髄)を取り除く歯内療法「抜髄」を行います。 さらに進行している場合(根尖性歯周炎)は、原因となっている歯の内部で感染した歯髄や腐敗物、細菌を取り除く「感染根管治療」を行います。

※再石灰化:溶け出してしまった歯を元の状態に戻すこと

早期発見のポイント

う蝕になりやすい人は、歯磨きができない、または不十分で、歯垢(プラーク)をうまく除去できない人、そしてプラーク中の細菌の栄養である糖分(お菓子やジュースなど)を頻繁に摂取する人です。プラークが歯面に付着した状態でいると、口の中で細菌が増殖し、う蝕の原因菌により作られた酸によって、歯が溶ける時間が長くなります。また、頻繁におやつや間食を摂る人は、プラーク中の細菌の活動が盛んになり、酸もより多く作られます。

唾液は、口の中の細菌や、酸を洗い流したり、薄めたりする重要な役割があります。このため、唾液の出る量が少ない人はう蝕歯ができやすく、その進行が非常に速いのが特徴です。初期う蝕では、カルシウムやリンなどの歯を形成する成分が歯質に取り込まれて、再石灰化という現象が起きています。このように唾液は、細菌を減らし酸の影響を少なくすることに加えて、歯の再石灰化を促進するという役割があります。

予防の基礎知識

う蝕の予防法は、①原因菌を減らすこと②原因菌の活動を抑えること③歯を丈夫にすることです。
予防の基本は歯磨きです。原因菌を減らすということは、歯垢(プラーク)を取り除くことです。歯垢は、う蝕の原因菌が作る粘着性の物質によって歯の表面に付着しています。この付着力は強く、うがいだけでは取り除くことができません。そのため、歯垢を歯ブラシでこすり取る必要があります。
歯と歯の間の清掃には、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシが必要です。口の中の状態によって適切な器具が異なりますので、歯科を受診して自分に適した歯磨き方法や、歯間部の清掃方法を教わることをお勧めします。

歯磨きのタイミングについてですが、食事に砂糖が含まれていなくても、原因菌の餌になる糖分は含まれています。食事をすると直ちに歯垢中の細菌が糖分を取り込んで酸をつくりますから、「食事をしたらすぐ歯磨き」が基本です。
現実的な歯磨きのタイミングは、朝食後、昼食後かおやつの後、夕食後、そして就寝前です。特に就寝中は、身体の活動性が低下して唾液の分泌量が低下するので、口の中の細菌にとっては活動しやすい環境になっています。このため、就寝前によく歯磨きをして細菌を減らしておくことは非常に効果的です。

竹縄 隆徳

解説:竹縄 隆徳
山口県済生会下関総合病院
歯科口腔外科医長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ