ホーム >  症状別病気解説 >  重症下肢虚血

重症下肢虚血

Critical Limb Ischeemia

解説:末松 延裕 (福岡総合病院 循環器内科部長・救命救急副センター長)

重症下肢虚血はこんな病気

動脈硬化が原因で、足に血液を供給する動脈が狭くなったり詰まったりする病気のことを「閉塞性動脈硬化症」といいます。軽症のうちは、歩いたり足の運動をしたときにだけ痛みやだるさを感じ、安静にするとそれらの症状が改善・消失するのが典型的ですが、重症化すると、じっとしていても足がしびれたり冷たく感じたりするようになります。血流不足がさらに深刻化すると、足の潰瘍(かいよう/皮膚の表面が炎症を起こしてくずれ、深いところまで傷ついた状態)や壊死(足の組織が死んでしまう)をきたし、場合によっては足を切断する必要があります。このように、安静時のしびれ・冷感や潰瘍・壊死を伴う閉塞性動脈硬化症のことを、特別に「重症下肢虚血」と呼んでいます。

重症下肢虚血の診断と治療

まず、足のしびれ・冷感や潰瘍・壊死などの症状の有無を調べます。これらの症状は重症下肢虚血以外の病気でも起こるため、しびれ・冷感は、