ホーム >  症状別病気解説 >  慢性硬膜下血腫

慢性硬膜下血腫

Chronic subdural hematoma

解説:堀 恵美子 (富山病院 脳神経外科部長)

慢性硬膜下血腫はこんな病気

慢性硬膜下血腫とは、骨の下で脳を覆っている硬膜という膜と脳の間に血がたまる病気です。高齢の男性で、お酒の好きな人に起こりやすいと言われています。そのほとんどは、軽微な外傷がきっかけです。外傷を負ってから3週間後以降に、頭痛や運動障害、言語障害、精神症状(認知症)などの症状が出現します。
一般には、頭部外傷で脳と硬膜をつなぐ橋静脈などが破綻することなどにより、硬膜の下に髄液や微量の血液がたまり、その反応で形成される被膜から少しずつ出血が繰り返され、血腫が大きくなると考えられています。
発症のリスクは、大酒家、脳の萎縮がある(頭蓋骨と脳の間の隙間が多い)、抗凝固薬の内服、血が固まりにくい血液凝固異常症がある場合などに高いとされています。

慢性硬膜下血腫の治療法

血腫が小さい場合には自然治癒することもありますが、既に症状が出現している場合、外科的治療が行われます。血腫が小さい、または無症状の場合には、薬物療法が行われることがありますが、効果は不確実です。外科的治療としては、通常、穿頭術(頭蓋骨に小さな穴を開ける手術)による血腫洗浄術や洗浄ドレナージ術を行います。石灰化した例や難治性再発例では、全身麻酔で開頭術を行うこともあります。また、穿頭術の多くは局所麻酔で行っていますが、患者さんの状態によっては全身麻酔で行うこともあります。

早期発見のポイント

軽微な外傷が原因とされていますが、外傷の有無が不明のケースも存在します。一般には、外傷を負ってから3週間~数カ月以内に発症すると言われています。症状としては、頭痛や嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状や、脳卒中と似た症状(手足の麻痺やしびれ、言語障害)、けいれん、記憶力の障害などが出現します。
頭痛や半身麻痺、記銘力障害(新しく体験したことが覚えられない症状)、見当識障害(時間、場所など自分の現在の状況がわからなくなる症状)が徐々に進行している壮年期以降の男性や、成人の方で、頭部外傷後に数週間を経て同様の症状がある場合は、本疾患である可能性が考えられます。特に、飲酒家で頭部外傷のある方は、可能性が高まります。
高齢者では、認知症で発症することがあります。慢性硬膜下血腫は、治療可能な認知症とも言われています。比較的急に認知症が進んだ場合には、本疾患の可能性があるので、早期の受診をお勧めします。

予防の基礎知識

経過が順調であれば、手術直後から症状が改善し、1~2週間以内に退院可能となります。ただし、術後の再発が約1割の方に認められ、再手術が必要になることがあります。再発のリスクとして、飲酒、高齢、血が固まりにくい血液凝固異常症、抗凝固薬の内服などが挙げられます。そのため、退院後も十分な経過観察が必要なことを覚えておきましょう。

堀 恵美子

解説:堀 恵美子
富山病院
脳神経外科部長

関連情報

認知症
症状別病気解説 認知症
低髄液圧症候群
症状別病気解説 低髄液圧症候群

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ