ホーム >  症状別病気解説 >  慢性心膜炎

慢性心膜炎

Chronic Pericarditis

解説:美馬 敦 (済生会今治病院 循環器内科副院長)

慢性心膜炎はこんな病気

心臓を包むように存在する心膜に炎症を起こします。急性心膜炎が治癒しきらずに経過して、慢性に移行する場合や、ウイルス性、結核性の炎症、放射線治療の後、膠原病甲状腺機能低下症に伴い、心嚢液の貯留や心膜の肥厚を認めるようになります。その結果、心嚢液貯留による心タンポナーデを起こしたり、心膜の肥厚・石灰化等を起こし、収縮性心膜炎に移行する可能性があります。胸痛、咳等が長引くようでしたら、胸部レントゲン、心エコー、CT等で心嚢液貯留や心膜肥厚を確認する必要があります。

早期発見のポイント

胸部不快感、咳、労作時(身体を動かしている時)に呼吸苦等を認めた場合は、病院での検査をお勧めします。胸部レントゲン、心電図、心エコー等を行い、レントゲンでは心拡大、心電図では低電位、心エコーで心嚢液貯留を認めることで診断できます。

予防の基礎知識

急性心膜炎の治癒過程で慢性化することがあるため、慎重に経過観察する必要があります。肺結核等の治療過程でも発症することがあるため、結核治療の十分な継続が必要です。

美馬 敦

解説:美馬 敦
済生会今治病院
循環器内科副院長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ