ホーム >  症状別病気解説 >  頸部脊柱管狭窄症 (けいぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

頸部脊柱管狭窄症
(けいぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

Cervical Canal Stenosis

解説:三木 潤一郎 (済生会和歌山病院 脳神経外科医長)

頸部脊柱管狭窄症はこんな病気

背骨の中には脊髄が通っています。その脊髄が通っている空間のことを脊柱管といいます。脊柱管がさまざまな原因で狭くなってくることを脊柱管狭窄症と呼んでいます。これが首に起こるのが、頸部脊柱管狭窄症です。症状は、手のしびれや痛みを感じます。また、肩や首周りの筋肉がこる方もいます。

脊柱管狭窄症の状態
脊柱管狭窄症の状態

脊柱管狭窄症には、主に2つの原因があると考えられています。

ひとつ目の原因は、体が大きくなる過程で脊柱管が狭くなる方向に骨が成長することです。外見上はわかりませんが、脊柱管が狭くなっているという生まれ持っての体質で、これを骨性の狭窄と呼んでいます。骨性の狭窄はレントゲンをとることでわかります。

もうひとつの原因は、黄色じん帯の変性です。黄色じん帯は、脊柱管にあるじん帯のひとつで、骨と骨をつないでいます。加齢によって筋肉が衰えてくると、体を支えるために黄色じん帯が肥厚します。そうすると、脊髄を圧迫し、脊柱管の狭窄が起こります。

主な原因は、これら2つですが、骨性の狭窄を持っていると、ほんの少しの衝撃で脊柱管狭窄症の症状が現れます。例えば、事故にあった時に、ほかの人よりも重症になったり、しびれを感じることがあります。また、もともと脊柱管が狭いので、ほんの少し黄色じん帯が肥厚しただけで、症状が出てしまい、悪化するのが速いです。

また、数は少ないですが、脊柱管狭窄症が胸部に起こることもあります。胸部は、肋骨に囲まれていて、しっかりと守られているため、負荷が伝わりにくく、病変ができにくいといわれています。

診断としては、MRIが用いられます。MRIを使うと、黄色じん帯がどれくらい肥厚しているのか、どれくらい神経が圧迫されているのかかがわかります。また、脊柱管狭窄症の診断がついた場合には、治療法を決めるためにレントゲンの検査も行われます。

頸部脊柱管狭窄症の治療法

根治をしようと思うと、手術しか方法はありません。手術としては、椎弓形成術が一般的に行われています。手術をすることで、脊髄を圧迫している黄色じん帯を摘出し、さらに人工骨を使って、脊柱管の空間が広くなるような処置をします。黄色じん帯は、骨の支えのひとつですが、ほかにも支えている部分はあるので、摘出しても問題はないといわれています。

早期発見のポイント

頸部脊柱管狭窄症では、細かな作業がしにくくなることが知られています。例えば、ワイシャツのボタンが留めにくくなったり、箸が使いにくいなどの症状が出ることもあります。契約書のハンコを押すことができなくなった、という方もいます。胸部脊柱管狭窄症の場合は、胸から下に症状が起き、漠然と脚全体に違和感があったり、足元がおぼつかなくなります。また、胸部に発症した場合には、病気の進行が速いことが多く、緊急手術が必要になることもあります。

このような症状を感じた場合は、整形外科か、脳神経外科を受診するようにしてください。脊柱管狭窄症の治療は、どちらの科でも同じ水準の治療が受けられます。

予防の基礎知識

予防のためには、首に荷重をかけないことが大切です。特に自覚症状が乏しい場合は、首が悪いという意識を持ちにくいので、普段の生活から注意しておくことが大切です。重たいものを持つなど、腰に負担をかける動作は首にも負担をかけるので、避けるようにしてください。また、首を反る動きは、脊柱管を狭める動きでもあるので注意が必要です。特に、寝る時に枕が低すぎたり高すぎたりすると首が不自然に反ってしまい、朝起きた時にしびれを強く感じることもあります。

脊柱管狭窄症は、加齢によって筋力が低下し、黄色じん帯が変性することで起こる病気なので、60~70代くらいの方に多いです。この年齢の方には、「つまずいて転ばないように注意してください」とアドバイスしています。骨性の狭窄があり、脊柱管が狭い方が転ぶと、狭窄部分に衝撃が集中して症状が出ることがあります。

転倒予防を心がけた生活環境を整えることも重要です。特に高齢の方には「段差だと思わない段差を意識してください」と注意しています。明らかな段差は、眼に見えるため自然と注意して転ぶ人は少ないですが、絨毯とフローリングの段差など、普通の人ではなんでもないようなものにつまずいて転倒する方が多くいます。

三木 潤一郎

解説:三木 潤一郎
済生会和歌山病院
脳神経外科医長

関連情報

腰部脊柱管狭窄症
症状別病気解説 腰部脊柱管狭窄症

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ