ホーム >  症状別病気解説 >  野球肘

野球肘

Baseball elbow

解説:藤井 秀人 (富山病院 手術部長・整形外科主任部長・人工関節センター部長)

野球肘はこんな病気

野球肘とは、野球の投球動作により肘を痛めるスポーツ障害の総称です。他のスポーツと比べて、野球の投球ほど、肩や肘など身体の同じ部分に同じ力がかかり続けるスポーツ動作はありません。この負担に加えて、成長期の小中学生の関節付近には、大人の成熟した骨に比べて明らかに弱い成長軟骨があります。そのため、小学生の野球選手における野球肘の発生率は、20%にも及びます。
野球肘には、肘の内側に発生する内側側副靭帯損傷(内側型野球肘)と、肘の外側に発生する離脱性骨軟骨炎(外側型野球肘)の2種類があります。内側型野球肘の方が頻度が圧倒的に高く、特に野球少年が多く罹患します。図で示したように、投球動作によって肘の内側に離れようとする力が繰り返しかかることによって発生し、成長が終わった高校生以降では骨と骨をつなぐ靭帯自体が損傷され、少年期には靭帯が付着している成長軟骨付近の骨成分が傷みます。しかし、重症となることは少なく、多くの場合は安静にすることで軽快します。外側型野球肘は、肘の上の上腕骨と下の橈骨(とうこつ)が、投球動作でぶつかる力がかかり続けることで、雨だれがコンクリートをへこますがごとく、骨の表面にある関節軟骨を傷つけていきます。これが進行して発症し、発生頻度は低いものの、どんどん悪化する場合は手術が必要となることもあります。

野球肘が発生する仕組みと位置

早期発見のポイント

野球肘は、小学生の野球選手において、罹患率が20%と高率(1チームに2、3人いてもおかしくない)です。このことから、痛みや違和感など何らかの症状があれば、漫然と検査も受けずにマッサージなどで済ませることなく、早期に医療機関を受診することが大切であることは言うまでもありません。しかし、このスポーツ障害の難しい点は、自覚症状がなかったり、診察では圧痛(圧迫したときに感じる痛み)がなかったりしても罹患している可能性があることです。自覚症状がない患者さんも多いため、最近では検診でエコー(超音波検査)を用いて野球肘の早期発見に取り組む地域が増えつつあります。他のスポーツ障害以上に早めの受診が重要な疾患です。

予防の基礎知識

小さな同じ力が繰り返し肘に加わって障害が起きるという病態を考えると、予防のためには以下の3点が大切です。

1 投球数の制限
2 投球フォームの改善
3 体の柔軟性を上げる

1については、日本臨床スポーツ医学会の「青少年の野球障害に対する提言」(1995年)において、試合を含めた投球数の目安が示されています。小学生では、1日50球以内、週200球以内。中学生では、1日70球以内、週350球以内。高校生では、1日100球以内、週500球以内が望ましく、1日2試合の登板は禁止すべき、とされています。近年、アメリカの大リーグにおいて、先発ピッチャーは100球を一つの目安にして交代していることが、日本でも投球数を考慮するようになってきたことに影響していると言えるでしょう。
2については、特に投球時のコッキング期(投げる前の肘を一番後ろに引いた状態)の肘下がりがよくないと言われています。中でも、学童期には投球フォームに対して注意を払いましょう。
3については、体幹や下肢、特に股関節の柔軟性を上げることが、肘など上肢の負担を減らすことにつながり、障害発生の予防となります。

藤井 秀人

解説:藤井 秀人
富山病院
手術部長・整形外科主任部長・人工関節センター部長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ