ホーム >  症状別病気解説 >  心房細動

心房細動

Atrial Fibrillation

解説:松井 由美恵 (泉尾病院 循環器内科部長)

心房細動はこんな病気

心房細動とは、不整脈の一種で、心臓内にある「心房」が異常な動きをし、心臓本来の動きができなくなる病気です。

正常な心臓は、1分間に60回~100回の規則正しいリズムで動いており、その動きは電気信号によってコントロールされています。正常では、心房(心臓の上の部屋)の電気信号が心室(下の部屋)へ1:1で伝わることにより、心房→心室の順に規則正しく筋肉が収縮して効率の良いポンプとして心臓が動きます。ところが、心房細動という不整脈になると、心房に異常な電気信号がたくさん起こり、「細かく震える」ような動きになります。さらに、心室も不規則なリズムとなり、手首で脈をとると規則性のない乱れたバラバラの脈になります。

心臓と心電図
心臓と心電図

心房細動は加齢に伴って発生率が高くなり、女性よりも男性に多い不整脈です。日本では70万人以上が心房細動を持っているといわれています。特に、心臓病や高血圧、慢性の肺疾患、甲状腺機能亢進症のある人に多くみられますが、心臓に病気のない人でも精神的ストレスや睡眠不足、アルコールやカフェインの摂りすぎ、不規則な生活などが原因となって引き起こされます。

心房細動の分類

心房細動は以下の3つに分けられます。

1. 発作性心房細動:1週間以内に停止する
2. 持続性心房細動:1週間以上持続する(薬を使ったり、電気ショックをかけないと停止しない)
3. 長期持続性心房細動:1年以上持続する
※最初は発作性で始まり、やがて薬を飲んでも正常の脈に戻らなくなって持続性になることもしばしばあります

心房細動の症状

患者さんによって症状の程度はさまざまで、全く無症状の人もいます。
症状としては「ドキドキする」「胸が苦しい」「階段や坂を上るのがきつい」「息が切れやすい」「疲れやすい」などの訴えが多く、手首や頸部(首)の脈をとると、「速くなったり、飛んだり」を不規則に繰り返し、間隔がバラバラの脈になります。過労やストレスが原因で引き起こされたり、アルコールを飲んだあとに起こることも少なくありません。

心房細動の不利な点

心房細動自体は致死的な病気ではありませんが、以下のようなリスクが伴います。

・「動悸」「息切れ」「疲れやすい」などの症状が強い人は日常生活に支障が出る
・心臓の機能が低下して心不全を引き起こすことがある
・心房内で血液がよどむために血栓(血液のかたまり)ができて脳梗塞を引き起こすことがある。特に心不全・高血圧症・糖尿病・75歳以上の人、過去に脳梗塞を起こしたことのある人が発症しやすいので、薬による予防が必要

早期発見のポイント

心房細動は、動悸などの症状が出たときに、自分で手首の脈をとると、不規則で強く触れたり弱く触れたりすることで気付いたり、血圧計のランプや音で脈拍が不規則になっていることで分かる場合があります。しかしながら、正確な診断のためには、症状が出たときに医療機関(特に循環器内科)で心電図をとることが大切です。たとえ診察時は正常の脈であったとしても、小型で常時身に着けておける「24時間心電図」や、症状が出たときに胸に当てて心電図を記録する「携帯型心電計」などの使用によって、発作時の心電図が記録できる場合もあります。

予防の基礎知識

動悸や胸が苦しいなどの症状があったり、不規則な脈を自覚した場合には、医療機関(特に循環器内科)を受診し、心電図による診断を受けることが重要です。
また、症状の有無や発作性心房細動・持続性心房細動にかかわらず、心不全高血圧症糖尿病などの疾患があったり、75歳以上の人、過去に脳梗塞を起こしたことがある人は、心房細動によって脳梗塞を引き起こすリスクが高くなるため、血栓を予防する薬を飲むことも大切です。

生活上の注意は他の不整脈にも言えることですが、心房細動の第一の予防法は、睡眠不足、過労、ストレス、お酒の飲み過ぎなどを避けることです。
規則正しい生活をしても発作が起こる場合は、発作を予防する薬によって正常な心拍を維持するようにします。持続性心房細動の場合には、心房細動のままで心拍が速すぎることがないようにコントロールする薬を使って治療することがあります。薬を使わない治療法としては、心臓に外から電気刺激などを与え心房細動を一時的に止める「電気的除細動」や、心房細動が出ないようにカテーテルで左心房を高周波で焼灼する「カテーテルアブレーション」があります。

松井 由美恵

解説:松井 由美恵
泉尾病院
循環器内科部長

関連情報

不整脈
症状別病気解説 不整脈
高血圧
症状別病気解説 高血圧
慢性心不全
症状別病気解説 慢性心不全
糖尿病
症状別病気解説 糖尿病
脳梗塞
症状別病気解説 脳梗塞

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ