ホーム >  症状別病気解説 >  アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

Allergic Rhinitis

解説:小池 忍 (京都府病院 耳鼻咽喉科)

アレルギー性鼻炎はこんな病気

アレルギー性鼻炎とは、アレルギーが原因で起こる鼻粘膜の炎症のことで、「季節性アレルギー性鼻炎」と「通年性アレルギー性鼻炎」に分けられます。季節性アレルギー性鼻炎は、一般に「花粉症」として知られており、特定の季節に植物の花粉が原因で起こります。一方、通年性アレルギー性鼻炎は、ハウスダストが原因で起こり、年間を通して症状が出ます。ハウスダストとは室内のほこりのことで、ダニやカビ、動物の毛などが混ざっています。ハウスダストにアレルギーを持っている人は、スギやヒノキなどの花粉に対してもアレルギー反応を起こすことが多いといわれています。
アレルギー性鼻炎の特徴的な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。花粉症の場合は、それに加えて、眼の症状(かゆみ、涙目、結膜充血など)が出ることが一般的です。

アレルギー性鼻炎の原因と主な症状
アレルギー性鼻炎の原因と主な症状

アレルギー性鼻炎の仕組み

アレルギーを引き起こす原因物質のことをアレルゲンといいます。例えば、スギ花粉症のアレルゲンはスギ花粉であり、通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンはハウスダストです。こうしたアレルゲンに一定期間触れ続けるうちに体内に入り、異物として認識されると、身体は異物を排除しようとして抗体をつくり始めます。この状態を「感作(かんさ)」といい、感作されると再び体内にアレルゲンが侵入したときに、身体が異物を排除しようとアレルギー反応を引き起こします。それがアレルギー性鼻炎の症状である、くしゃみや鼻水、鼻づまりなのです。

治療法

投薬による治療

アレルギー性鼻炎の治療は、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド剤といった服薬や点鼻薬が一般的です。これらは症状を抑える対症療法であり、根本的に治すことはできませんが、こうした薬でしっかりと症状を抑えることができれば問題ありません。

手術による治療

アレルギー性鼻炎には、以下のような手術による治療法もあります。症状がつらい人は、一度医師と相談してみるといいでしょう。

1 レーザー焼灼(しょうしゃく)
レーザーで鼻の粘膜を焼き、アレルゲンに対して身体を鈍感にさせる手術です。この治療は、数年で正常な粘膜が再生され元に戻ります。

2 後鼻神経切断術
鼻の骨の中には、後鼻神経という粘膜の染み出しやむくみをコントロールする神経があります。この神経を切断することで、血管がむくまないようにする手術です。アレルギー反応がなくなるわけではありませんが、鼻づまりと鼻水が減るので、症状が楽になります。永続的な効果が期待でき、再発率は少ないです。

3 粘膜下下鼻甲介骨切除術(ねんまくかかびこうかいこつせつじょじゅつ)
鼻の中には、神経が通っている棚のようなものが3つあり、最も大きく鼻入口部に近いものの中にある骨を神経ごと抜き取って粘膜の張り出しを抑える手術です。鼻の通りがよくなり、鼻水も減ります。再発率は少なく、長期的な効果が得られます。


根治を目指す、最新治療

アレルギー性鼻炎の根治を目指す「アレルゲン免疫療法」という治療法があります。これは、アレルゲンを体内に少量ずつ取り込み慣れさせることで、過敏に反応しないようにする治療法です。アレルゲン免疫療法には、「皮下注射」と「舌下投与」の2つの方法があります。前者は、通院の必要があります。また、注射がショックを引き起こした例も報告されています。後者は、口の中にアレルゲンを含むという簡単な方法です。最初にしっかりと病院で指導を受ければ、自宅での投与・治療が可能です。ただし、この舌下投与は、現状スギ花粉とダニに対しての薬しかありません。
なお、どちらの方法も効果が出始めるのに数カ月かかるといわれており、長期間の継続的な治療が必要です。1年程度で治療を止めてしまうとすぐに元に戻ってしまうともいわれています。また、特定の季節に症状が出る季節性アレルギー性鼻炎の場合、症状の出ない季節には治療を怠ってしまう可能性も懸念されています。アレルゲン免疫療法を希望する場合は医師と相談し、メリットとデメリットを理解してから始めるようにしましょう。

予防の基礎知識

アレルギー性鼻炎の予防には、原因物質であるアレルゲン(花粉やハウスダスト)になるべく触れないようにすることが大切です。
季節性アレルギー性鼻炎ならば、外出時にメガネやマスクを着け、外出後は衣類についた花粉を払い、室内に持ち込まないようにしましょう。一方、通年性アレルギー性鼻炎の場合は、基本的に一年中症状がありますが、特に掃除や物を動かす際に悪化する傾向にあります。そのため、ほこりに触れる可能性のある場合には、マスクを装着してハウスダストの吸入を防ぎましょう。また、こまめに部屋の掃除をし、室内のハウスダストを除去することも重要です。
上記のように、症状が出ないように予防策を講じることも大切ですが、アレルギー性鼻炎はアレルゲンに接触した頻度と量が問題になってきます。アレルギー性鼻炎を発症する前から原因物質や感作を助長するといわれるPM2.5などの公害物質を遠ざけ、発症年齢を少しでも後ろ倒しにしましょう。

マスクの正しい装着方法
マスクはアレルゲンの吸入予防に効果的な役割を果たしますが、正しく装着することが大切です。特に気を付けなければいけないのは、以下の2点です。
1 鼻の横がふさがっているか
2 あごの下まで覆われているか
マスクを着けていても、鼻の横やあごの下に隙間があるとそこからアレルゲンが入ってきます。これは、アレルギー性鼻炎だけではなく、インフルエンザなどに対しても同様です。自分に合った適切な大きさのマスクを選び、しっかりと隙間をふさぐようにしましょう。

小池 忍

解説:小池 忍
京都府病院
耳鼻咽喉科

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ