ホーム >  済生春秋

済生春秋

第60回 やせ我慢

 寒さには強い方だ。 北陸の生まれだから、「冬は、寒いに決まっている」と思ってき...

続きを読む

2018年2月 2日 更新

第59回 穏やかな正月三が日

 東京の元旦から休みの3日間は、気持ちよく晴れていた。用務はなく、のんびりと過ご...

続きを読む

2018年1月 5日 更新

第58回 忘れえぬ人

 師走になると連日、喪中欠礼の葉書が送られてくる。年齢を重ねるにつれ、枚数が増え...

続きを読む

2017年12月 4日 更新

第57回 古人の言葉

 「人間万事塞翁が馬」 かなり以前に東京新聞から座右の銘について小文の依頼を受け...

続きを読む

2017年11月 7日 更新

第56回 遠い記憶のかなた

 8月下旬、富山県高岡市のビジネスホテルに高岡法科大学の集中講義を行うため4泊し...

続きを読む

2017年10月10日 更新

第55回 旅の残照

 若いころの旅は、いつもこんな風だった。 お金がなかったので、最小限の荷物を持っ...

続きを読む

2017年9月 4日 更新

第54回 転倒の瞬間

 あっと思った。その瞬間、顔を路面にしたたかぶつけた。高さ1センチもない道路の小...

続きを読む

2017年8月 1日 更新

第53回 傘の面影

 梅雨の季節である。雨傘が手放せない。 60年くらい前までは、まだ竹と油紙を用い...

続きを読む

2017年7月 3日 更新

第52回 私流の「コト」消費

 先日、豪華列車四季島の運行が開始された。3泊4日の列車の旅が2人で190万円の...

続きを読む

2017年6月12日 更新

第51回 脳疲労を実感する

 最近、テレビの健康番組で脳疲労という言葉があることを知った。肉体だけでなく、脳...

続きを読む

2017年5月 8日 更新
炭谷 茂

すみたに・しげる

1946年富山県高岡市生まれ。69年東京大学法学部卒業、厚生省に入る。自治省、総務庁、在英日本大使館、厚生省社会・援護局長などを経て2003年環境事務次官に就任。08年5月から済生会理事長。現在、日本障害者リハビリテーション協会会長、富山国際大学客員教授なども務めている。著書に「環境福祉学の理論と実践」(編著)「社会福祉の原理と課題」など多数。

▲ページトップへ