ホーム >  こんな日は、このメニュー >  作り置きで時短!保存食レシピ
管理栄養士さんのおすすめレシピ 「こんな日は、このメニュー」

作り置きで時短!保存食レシピ

朝食

朝食 ・パンサラダ
・牛乳
・オレンジ
→ レシピはこちら

昼食

昼食・キーマカレー
・キャロットラペ
→ レシピはこちら

夕食

夕食・ごはん
・鮭のムニエル
・ひじきの煮物
・南瓜サラダ
→ レシピはこちら

テーマ献立のテーマ

作り置きを活用して忙しい日を乗り切ろう!

毎日家でごはんを作りたいけど、忙しくてコンビニ弁当や外食が増えてしまう...そんな時は時間のある休日に作り置きをしてみませんか? 作り置きがあると、食事の準備が短時間ですみます。今回、多めに作って他の料理にも応用できる献立を、私たち金沢病院・栄養部が考えました。 日を置くと食材に味が染み込んでさらにおいしくなるところも、嬉しいポイント。「今日なに食べよう...」と考えながら、家に帰るのが楽しみになるレシピです。

ピックアップピックアップ食材

打木赤皮甘栗かぼちゃ

打木赤皮甘栗かぼちゃ金沢で栽培されている伝統野菜"加賀野菜"。そのひとつ打木赤皮甘栗(うつぎあかがわあまぐり)かぼちゃは、甘みが強いかぼちゃです。 朱色の皮は薄く、綺麗な色味を活かしてそのまま調理して食べることができるのも特徴です。 収穫時期は6月中旬から10月上旬。なかでも8月から9月は甘みが増しておいしい時期。 緑黄色野菜なので抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、βカロテンも豊富です。

栄養価一日分の栄養価

朝食

  • エネルギー565kcal
  • たんぱく質 22.2g
  • 脂質 30.9g
  • 糖質 47.6g
  • 食物繊維相当量3.1g
  • 食塩相当量2.3g

昼食

  • エネルギー643kcal
  • たんぱく質 22g
  • 脂質 20.4g
  • 糖質 84.5g
  • 食物繊維相当量5.4g
  • 食塩相当量2.7g

夕食

  • エネルギー572kcal
  • たんぱく質 27.1g
  • 脂質 10.9g
  • 糖質 83.6g
  • 食物繊維相当量5.8g
  • 食塩相当量2.3g

1日の栄養量

  • エネルギー1780kcal
  • たんぱく質 71.3g
  • 脂質 62.2g
  • 糖質 215.7g
  • 食物繊維相当量14.3g
  • 食塩相当量7.3g

エネルギーを500kcal以下にする場合

夕食のごはんを150gに減らしすことで50kcal、鮭をムニエルから魚焼きグリルを使った塩焼きに変更し、焼き浸しにすることで34kcalダウンになり、合わせて84kcal減らすことができます。この場合、鮭には小麦粉もつけないようにしましょう。

塩分を2g以下にする場合

昼食のキーマカレーは1食あたりの塩分量が2.7gです。減塩をするにはカレーのルーを3分の2に減らし、キャロットラぺの塩の分量も半分に減らしましょう。レモンや粒マスタードの香りで薄味でも食べやすいメニューです。ルーを減らすとたんぱく質も減るため、トッピングの茹で卵は1人1個つけましょう。

レシピ作成

レシピ作成

石川県済生会金沢病院・栄養部
写真左から
管理栄養士 浅田由紀子、管理栄養士 小村祐希
管理栄養士 辻優希、技師長 荒川和世 

▲ページトップへ