ホーム >  こんな日は、このメニュー >  夏野菜を使ったさっぱりレシピ
管理栄養士さんのおすすめレシピ 「こんな日は、このメニュー」

夏野菜を使ったさっぱりレシピ

朝食

朝食・ロールパンサンド
・野菜スティック
・ブルーベリーとバナナのスムージー
→ レシピはこちら

昼食

昼食・トマトの冷製パスタ
・そら豆と鶏肉のココット
・パイナップル
→ レシピはこちら

夕食

夕食・ごはん
・アジのたたき
・ナスの揚げびたし
・カボチャの味噌汁
→ レシピはこちら

テーマ献立のテーマ

涼しげなレシピで気分も爽快!

学生さんの夏休みが始まり、いよいよ夏も本番!日本の夏は気温の高さに加えて湿気も多く、食欲がなくなってしまう方も多いのではないでしょうか? そんな時はキュウリやトマト、ナスなどの夏野菜をふんだんに使ったレシピで気分をリフレッシュしましょう!今回の献立のメイン料理はどれも冷たくいただけて、涼しさとおいしさを一度に楽しめるレシピです。2つの味が楽しめるロールパンサンドや、冷たいトマトと一緒にいただく冷製パスタ、薬味の効いたアジのたたきは口の中がさっぱりします。 昼食ではフランス語で「鍋」を意味する耐熱容器のココットを使って洋風でおしゃれなランチスタイルを演出しました。

ピックアップピックアップ食材

そら豆

そら豆そら豆は上(空)を向いてさやがなることから「そら豆」といわれ、晩春から初夏にかけて収穫されます。煎り豆、揚げ豆、煮豆などに利用するために完熟させて用いる種実(しゅじつ)用と、枝豆、グリーンピースなどと同様に、未熟なうちに収穫する野菜用とに分けられます。 栄養価はたんぱく質のほか、ビタミンやミネラルを多く含みます。一般的には塩茹でにして食べることが多いですが、薄皮をむいてサッと炒める、天ぷらにする、さやのままグリルで焼いて食べるなど、いろいろな料理に利用できます。

栄養価一日分の栄養価

朝食

  • エネルギー503kcal
  • たんぱく質18.3g
  • 脂質24.1g
  • 糖質49.4g
  • 食物繊維相当量5.8g
  • 食塩相当量1.8g

昼食

  • エネルギー679kcal
  • たんぱく質33.1g
  • 脂質15.9g
  • 糖質89.8g
  • 食物繊維相当量5.8g
  • 食塩相当量1.9g

夕食

  • エネルギー623kcal
  • たんぱく質25.3g
  • 脂質15.9g
  • 糖質85.8g
  • 食物繊維相当量5.1g
  • 食塩相当量2.6g

1日の栄養量

  • エネルギー1805kcal
  • たんぱく質76.7g
  • 脂質55.9g
  • 糖質225g
  • 食物繊維相当量16.7g
  • 食塩相当量6.3g

エネルギーを500kcal以下にする場合

夕食のナスの揚げびたしは、油で揚げずに少量の油で焼くことで、46kcalダウンできます。
また、ごはんの量を200gから150gにすることで84kcalダウンとなり、合わせて130kcal減らすことができます。

塩分を2g以下にする場合

夕食のナスの揚げびたしの合わせだし(濃口醤油、みりん、だし汁)と、味噌汁(だし汁、味噌)の量をそれぞれ3分の2にすることで、塩分を0.7g減らすことができます。

レシピ作成

レシピ作成

島根県済生会江津総合病院 栄養管理科
写真左から
管理栄養士 服部遥、栄養管理科長 中村睦美、管理栄養士 椿奈々実

▲ページトップへ