ホーム > この人 > 広末 涼子 さん

広末 涼子 さん

広末 涼子 さん
1980年、高知県出身。94年CMでデビューし、一躍注目を浴びる。その後、ドラマや映画など多方面で活躍。近年では、映画『鍵泥棒のメソッド』(12)で日本アカデミー賞優秀助演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。映画『柘榴坂の仇討』(ざくろざかのあだうち)が公開中。
公式モバイルサイト flamme.mobi

日々手を抜かず、
想いのこしなく生きたい。

 演じることが大好きで、取り組んできた女優という仕事。その意識が大きく変化したのは、3年半前の大震災のときだ。
「最初は無力感でいっぱいで。でも被災した皆さんを訪ねるとすごく喜んでいただけて、こんな幸せな職業はないと感じました。今はこの仕事が"使命"だと思っています」
 作品に対する情熱、手を抜くことがない役づくりは、新作『想(おも)いのこし』でも発揮。プロのポールダンサーに扮(ふん)するため、腿(もも)が紫に腫(は)れ上がるほど3カ月の間、猛特訓。アザと筋肉痛を乗り越え、華麗なダンスを披露した。小学生の息子を残しつつこの世を去る母の役に、「演技中にあふれる感情を抑えるのに苦労した」と目を潤ませる。
「毎日精一杯悔いのないように、大切な人とともに生きていきたいと、この作品を通して改めて感じました」

 大学時代の親友に医師がいる。その奮闘ぶりを知るだけに、「現実に日々生死と向き合う、大変な仕事。本当に尊敬しています」と語る。
オフの楽しみは友人とのおしゃべり会。
「日頃のグチを言い合ったり(笑)。最高の息抜きの時間ですね」

文:浜口恵美子 写真:吉川信之(2014年11月号)
衣装協力: PIPPICHIC

このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます

『想いのこし』

『想いのこし』
©2014「想いのこし」製作委員会

11月22日(土)全国ロードショー。
監督:平川雄一朗/脚本:岡本貴也、HARU/出演:岡田将生、広末涼子、鹿賀丈史ほか/原作:岡本貴也『彼女との上手な別れ方』(小学館文庫)/配給:東映
史上最低のダメ男・ガジロウ(岡田将生)が、突然この世を去ることになったポールダンサーでシングルマザーのユウコ(広末涼子)たち4人の人生最期の「想いのこし」をかなえるために動き出す。温かく笑って、最後は涙が止まらない感動のエンターテインメント映画。


広末 涼子 さん

▲ページトップへ