ホーム > この人 > 高梨 臨 さん

高梨 臨 さん

高梨 臨 さん
1988年、千葉県生まれ。カンヌ国際映画祭に出品された映画『ライク・サムワン・イン・ラブ』で主演を務めるなど、国内外で高い評価を受けて活躍する。最近の出演作はNHK連続テレビ小説『花子とアン』(醍醐亜矢子役)、映画『醒めながら見る夢』など。

「日常脱出」のカギは、おいしいお酒と将棋です。

 スカウトをきっかけに芸能界に。女優の勉強はゼロからスタートしたという。
「台本の読み方を監督に教えてもらい、共演者から刺激を受けて勉強してきました」
 放送中の連続テレビ小説『花子とアン』では、ヒロインの同級生・醍醐亜矢子役を好演。出演が決まったときは「両親が毎日見ていたので、親孝行になるかなと。とても喜んでくれたので、うれしかったですね」
 6月公開の映画『わたしのハワイの歩きかた』では役柄をガラリと変え、玉の輿願望が強烈な娘・茜(あかね)を溌剌(はつらつ)と演じた。
 本作のテーマは「大人の女の日常脱出」。自身の"脱出法"は、「ビールや焼酎片手に、焼肉をドンと(笑)。おいしい食べ物とお酒で、1回すべてリセットしてみるんです」
 最近始めた将棋もそのひとつだ。一手に心を研ぎ澄ます忘我の瞬間が魅力と語る。
「なかなか同年代で、特に女性の対戦相手が見つからないのが悩みです(笑)」
 実の姉は看護師。その献身的な姿を尊敬してきた。患者さんの話も姉からよく聞く。
「ある方が『子どもに"臨"と名付けた』と話したそうです。なんと私の名から取ったとか。全くの偶然ですが感激しましたね」

映画「わたしのハワイの歩きかた」

映画「わたしのハワイの歩きかた」

出版社の編集者・みのり(榮倉奈々)は、仕事や人間関係にイライラが募る日々。取材に行くという口実でハワイへ飛び、現地で知り合った茜(高梨臨)と飲んで遊んで楽しい日々を満喫するが......大人の女の"日常脱出エンターテインメント"。6/14(土)から全国ロードショー。東映配給。
監督・前田弘二/脚本・高田亮/出演・榮倉奈々、高梨臨、瀬戸康史、加瀬亮ほか

文:浜口恵美子 写真:吉川信之(2014年6月号)

このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます

▲ページトップへ