ホーム > この人 > 草刈 正雄 さん

草刈 正雄 さん

草刈 正雄 さん
1952年生まれ、福岡県出身。70年、男性用化粧品の広告でデビュー。以来数多くのテレビドラマ、映画、舞台に出演。また美術評論番組『美の壺』(NHKBSプレミアム)ではナビゲーターを務めるなど幅広く活躍。近年の主な出演作は舞台『日本の面影』、映画『体脂肪計タニタの社員食堂』など。

"テニスで大笑い"が、
僕のストレス解消法です。

 あるときはダンディな正統派二枚目。あるときは軽妙でコミカルなキャラクター。デビューから40年、多彩な役を演じてきた。

 8月の舞台では、江戸っ子で昔気質の、昭和の親父役を演じる。いままで演じたことのない役柄だが、「いい意味で、皆の期待を裏切る演技を見せたい」と意気込む。
 役柄と同じく、実生活でも二人の娘の父親。物語のように、もし娘の恋人が自分よりも年上の男だったら...?
「舞台のラストで僕は『ウォォーッ!!』と絶叫するんだけど、同じように雄叫びをあげるだろうな」と悩ましげな父親の顔に。

 趣味は30代から始めたテニス。仕事を離れるとすぐに近所のコートへ向かうとか。
「テニスって笑えるんですよ。ミスするたびに、みんなで大笑いするのが楽しいの。僕にとって貴重なストレス解消法です」
端正に語ったかと思うと、突然、人懐こい笑顔が弾ける。その瞬間がなんとも"おちゃめ"で、ユーモラスだ。

「僕、実はすごく怖がりでして。手にマメができたくらいで、すぐ病院に駆け込んじゃう。先生からあきれられていますが、病院の皆様方、今後ともよろしくお願いします」


文:浜口恵美子  写真:安友康博(2014年8月号)
ヘアメイク:隅田たくみ  衣装:ARMANI EXCHANGE

パルコ・プロデュース公演
『君となら』

パルコ・プロデュース公演『君となら』

作・演出 三谷幸喜/出演 竹内結子、草刈正雄、イモトアヤコ、小林勝也ほか
もしも娘の恋人が、父親以上に年の離れた人物だったら......。嘘が嘘を呼び、劇場を誤解と笑いで満たす、抱腹絶倒の傑作お茶の間ホーム・コメディ。1995、97年に上演され好評を博した舞台が三谷幸喜自身の演出で上演される。

■東京公演 8月9日(土)~9月15日(月・祝) パルコ劇場
■大阪公演 9月17日(水)~9月23日(火・祝) シアター・ドラマシティ
■名古屋公演 9月25日(木)~9月28日(日) 名鉄ホール


草刈 正雄 さん

このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます

▲ページトップへ