ホーム > この人 >  永作 博美 さん

永作 博美 さん

永作 博美 さん
ながさく ひろみ 1970年、茨城県出身。歌手を経て女優として映画、ドラマ、演劇で活躍。主な作品に映画『ドッペルゲンガー』『好きだ、』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『人のセックスを笑うな』『八日目の蝉』など。『八日目の蝉』では第35回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など多数受賞した。

一日の終わり、 珈琲でくつろぐ至福のとき。

 一昨年、第二子をもうけた。
「母になって良かったことは、子どもと対等の、同じ目線でいられるようになったこと。子役とも気負いなく共演できます」

映画『さいはてにて』は、その出産後初の撮影となった。出会った幼い姉弟に慕われる、凛とした珈琲店の女店主役。台湾の女性監督の演出が日本式のものと全く違って、新鮮で気持ち良かったという。
「彼女が求めるのは"大人の芝居"。私も『自分の感覚を信じて演じていいんだ』と、女優としての原点に戻った思いでした」

 確固たる意思を持った自立した女性に憧れるという。透明感ある美を保つ秘訣を尋ねると、「済んだことは気に病まず、顔と脳の力を抜くこと」と歯切れよく答える。

 お産では病院の助産師に世話になった。
「退院のとき感謝の一言を書こうとしたら、思いあふれて手紙みたいに長くなっちゃって。お体に気をつけてと応援したいですね」

 役作りで珈琲焙煎を学んだのをきっかけに、自宅でも楽しんでいる。ほろ苦いなかにスッキリした飲み口が好みだ。
「家事すべてを済ませた後、淹れるんです。時々、下の子に飲まれちゃうけれど(笑)」

文:浜口恵美子  写真:吉川信之(2015年2月号)
ヘアメイク:市川土筆  スタイリスト:橋本庸子

このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます

『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』

さくひんめい

最果ての海辺で、朽ちかけた舟小屋を改装し、自家焙煎珈琲店を開業する岬(永作博美)。向かいに住むシングルマザーの絵里子(佐々木希)ら様々な人々と交流が生まれる中、ある夜、舟小屋で事件が起きる......。一杯の珈琲がつなぐ人と人。奥能登の自然に抱かれ、支え合って生きていく二人の女性と子どもたちの日常を描く珠玉のヒューマンドラマ。

2月28日(土)全国ロードショー。
監督:姜秀瓊(チアン・ショウチョン)/脚本:柿木奈子/出演:永作博美、佐々木希ほか


永作 博美 さん

▲ページトップへ