ホーム >  済生会について >  災害援助活動 > 新潟県中越地震に対する緊急援助

新潟県中越地震に対する緊急援助

平成16年10月23日(土)17時56分新潟県中越地震が発生。これに伴い自治体等からの要請を受け、本会施設も精力的に救援活動を行った。各施設の活動状況は以下の通りである。

新潟県済生会 新潟第二病院

新潟県中越地震における現地対策本部として、自治体等からの救援活動要請の受け入れ窓口となった。また、4度に亘り診療班を被災地である川西町に派遣、被災者の診療にあたった。

・第1班 : 10月28日~29日
医師1名・助産師1名・看護師1名・薬剤師1名・事務員1名の計5名
・第2班 : 10月29日~30日
医師1名・看護師2名・薬剤師1名・事務員1名の計5名
・第3班 : 10月30日~31日
医師1名・看護師2名・薬剤師1名・事務員1名の計5名
・ 第4班 : 10月31日~11月1日
医師2名・助産師1名・看護師2名・薬剤師1名・事務員1名の計7名

新潟県済生会 三条病院

被災地に最も近い本会病院として、被災地からの入院・外来患者を受け入れ、診療にあたった。
10月25日 小千谷市から入院患者4名受け入れ
10月27日 栃尾市及び長岡市から入院患者各1名、十日町から外来患者1名受け入れ
10月28日 長岡市から2名、十日町から1名入院患者受け入れ
10月29日 長岡市から入院患者1名、外来患者1名受け入れ
10月30日 小千谷市から入院患者1名受け入れ
11月1日 小出町から外来患者1名受け入れ
11月2日 長岡市から入院患者1名受け入れ

また、被災地の病院に看護師を応援として派遣
10月29日~11月7日 見附市立成人病センターに延べ26名
11月1日~11月7日 小千谷市さくら病院に延べ14名

栃木県済生会 宇都宮病院

11月1日~4日 小千谷市健康センターに診療班(医師1名・看護師1名・薬剤師1名・事務員1名の計4名)を派遣、避難所を回って巡回診療にあたった。

茨城県済生会 龍ヶ崎病院

11月2日~11月6日 看護師2名を川口町に派遣。

新潟県済生会 特別養護老人ホーム長和園

被災地より高齢者の緊急入所受け入れ
10月27日 小千谷市から2名、見附市から4名の入所受け入れ。
救援物資の送付
10月27日 長岡市の特別養護老人ホーム岡南の里に燃料・水・レトルト食品等の救援物資を送る。

新潟県済生会 ケアホーム三条(介護老人保健施設)

被災地より高齢者の緊急入所受け入れ
10月28日 見附市から2名入所受け入れ
11月1日 栃尾市から2名入所受け入れ

新潟県済生会 特別養護老人ホーム康和園

被災地の特別養護老人ホームに応援職員派遣
10月29日~31日 長岡市の特別養護老人ホーム槇山けやき苑に介護職員1名派遣。

関連情報

▲ページトップへ